競馬予想

【重賞分析】2020年日本ダービー

こんにちは!Polarisです(^^♪

今週末はいよいよ競馬の祭典、日本ダービーですね!
3歳世代の頂点を決めるレースで有馬記念と並び最も有名なレースの一つではないでしょうか(^_^)

枠順も発表されましたし、過去10年間のレースから分析をして予想してみたいと思います!

今回は重賞予想の第1回ですが、これからも大きいレースの前には分析・予想を提示したいと思います!

ではどうぞ(^^♪

出馬表

結論

予想 対象馬
本命 【3枠5番】コントレイル
対抗 【6枠12番】サリオス
相手① 【1枠1番】サトノインプレッサ
相手② 【7枠13番】ディープボンド
相手③ 【2枠3番】ワーケア

重賞分析

人気の信頼度

ダービーの1番人気は1着率が30%あり、3着以内の好走率も70%と成績がいいですね。
1番人気の馬は素直に信頼してよさそうです!

また、過去10年間で3着以内に入った馬は5番人気以内の馬で73.3%(22回/30回)なので、人気薄を狙うのは得策ではないかも?

配当傾向

1番人気の信頼度は高いものの、馬連・三連複の平均は全レース平均よりも高額になっていますね。

3連複は2018年の配当が高かったので平均値が高額となってしまっていますが、その他のレースは比較的平均値前後に落ち着いていそうです。

全体の傾向としては2番手に穴馬が入りやすいけれど、3着までの配当を見ると平均値ということでしょうか。
馬券の組み方としては2頭の軸馬に1頭の穴馬という組み合わせが良さそうですね♪

全レースの配当平均

過去10年の全レースの配当平均値は以下の通りです。
ただたまに超高額配当が飛び出すので平均値には異常値も入ってしまっています。

より現実的な平均配当は標準偏差を利用して掲載していますので、こちらをベースに比較した方が現実味があるかと思います。

▼各券種の平均配当

券種 平均 標準偏差
単勝 1,038円 405円
複勝 359円 207円
馬連 5,869円 1,192円
馬単 11,821円 2,172円
ワイド 1,968円 600円
三連複 23,884円 2,618円
3連単 151,676円 12,222円

枠の傾向

ダービーは『幸せの1番ゼッケン』というほど、1枠、特に1番の勝率が高いです!
去年も人気薄でしたがロジャーバローズが1枠1番で優勝しましたね♪

前走レース別成績

1~3着馬の前走を見ると皐月賞組がほとんどですね。
ただ京都新聞杯・青葉賞組も1着馬はかなり好成績なので抑えておいた方がいいでしょう!

脚質

脚質を見ると先行・差しがほとんどですね。
特に先行馬の1着率、1・2着率がいい成績です!

馬齢別

ダービーは3歳限定戦なので、馬齢は関係ないですね。

性別

出走はほぼ牡馬で、牝馬の参戦自体があまりないので割愛します。

馬体重

これは当日の発表を見ないとわかりませんが、軽すぎる馬(440キロ未満)は外した方がいいでしょう。

結論

1番人気が予想される皐月賞の1着馬『コントレイル』は外せないでしょう!
相手はまた上位人気となりそうですが、皐月賞の2着馬『サリオス』ですね!

相手としては1枠1番に入った『サトノインプレッサ』、京都新聞杯1着馬の『ディープボンド』にしておきます。
青葉賞1着馬のオーソリティは怪我のため、ダービー出走は断念しているので青葉賞組からの推薦はありません。

他に1頭上げるとすれば安定した成績を出し続けている『ワーケア』を入れた5頭を推薦としたいと思います(^^♪

では!

-競馬予想

© 2021 目指せ!!資産運用の星