ロボアドバイザー

【2019年1月設定】ロボアドバイザー投資方針

こんにちは、Polarisです!
今回は私の『ロボアドバイザーの投資方針』を公開します。(2019年1月時点)
概要は以下の通りです。
投資方針
■投資方針
①長期積立を行い引き出し等は原則行わない。
②それぞれのロボアドバイザーのおける投資方針は以下の通り。
・WealthNavi : リスク許容度は『5』
・TEHO : 資産運用方針『値上がり益重視』
■利用するロボアドバイザー
①WealthNavi(ウェルスナビ)
②TEHO(テオ)
資金計画
■運用開始時点
・初期投資金額:500,000円
⇒それぞれのロボアドバイザーに250,000円ずつ
■月々の積立方針
・積立金額:20,000円
■想定利回り:5%
※過去実績からの目安

投資概要

ロボアドバイザーとは

ロボアドバイザーとは初心者でもテクノロジー(AI)の力を借りて、プロと同じような投資を実現できるサービスです。
ロボアドバイザーには投資の助言だけをするタイプ助言と運用まで行うタイプの2種類があります。
今回の投資対象としている『WealthNavi(ウェルスナビ)』も『TEHO(テオ)』も後者の助言と運用まで行うタイプです。
投資先はETFなど投資信託と被るところはありますが、ロボアドバイザーの優れているところはリスク許容度と運用方針を設定すると自動で銘柄等を選定してくれるため、知識・経験がなくとも運用が可能という点です。
また投資信託の場合はファンドを選んだ後もポートフォリオを定期的に自分で見直す必要がありますが、ロボアドバイザーはリバランスも自動で行ってくれるため手間・時間がかからないというメリットがあります。

WealthNaviとは

概要

WealthNaviはウェルスナビ㈱が運営するロボアドバイザーです。

預かり資産1,100億円を突破(2018年11月時点)していて、預かり資産・運用者数が一番多いロボアドバイザーと言えます。

詳細はこちら⇒ ウェルスナビ



特徴(WealthNaviのHPより)

TEHOとは

概要

THEOは㈱お金のデザインが運営するロボアドバイザーです。

顧客の属性情報や金融資産額に基づいて、THEO が世界の約6,000種類のETFの中から最適な組み合わせを提案し運用します。

最低投資額は1万円でスマホだけで手続きが完了し、運用報酬も1%(年率・税抜き)と低コストで始められます。

詳細はこちら⇒ TEHO

特徴(TEHOのHPより)

WealthNaviとTEHOの違い

WealthNaviとTEHOも投資家の属性情報、金融資産をもとに世界中のETFに対して自動で投資を行う点は同じです。
では具体的に違いはあるのでしょうか?
以下の表に違いをまとめてみました。
▼ WealthNaviとTEHOの違い
最低投資金額 取扱銘柄 自動税金最適化
WealthNavi 100,000円 6~7 〇 ※2
TEHO 10,000円 ※1 30~40 ×
※1 : 最低投資金額は10,000円となっていますが、バランスよくポートフォリオを作るためには100,000円程の資金がかかります。
※2 : WealthNaviが特許を取っているDeTAX(デタックス)と呼ばれる自動税金最適化機能です。投資先のETFに利益と含み損が出ている場合、含み損を確定して利益と相殺することで税金負担を自動で軽くしてくれます。

投資方針

WealthNavi 投資方針

①長期積立を行い引き出し等は原則行わない。
リスク許容度は『5』

投資開始時点ポートフォリオ

TEHO 投資方針

①長期積立を行い引き出し等は原則行わない。
資産運用方針『値上がり益重視』

投資開始時点ポートフォリオ

資金計画

■運用開始時点
・初期投資金額:500,000円
⇒それぞれのロボアドバイザーに250,000円ずつ
■月々の積立方針
・積立金額:20,000円
■想定利回り:5%
※過去実績からの目安

-ロボアドバイザー

© 2021 目指せ!!資産運用の星