一口馬主

キャロット2020一次募集 結果発表!

こんにちは!Polarisです(^^♪

キャロットの一次募集の結果が出ました!
これで主要クラブ2019年産駒の一次募集結果が出揃ったことになります!
あとはキャンセルや追加募集があった時に追加出資するか検討したいと思います。

キャロットの次のスケジュールは1.5次募集となるのですが、中央の残数は1頭ベルロワイヤルの19のみ(34口)ですので、相当な倍率が想定されます。。
すごい人気ですね(^^;)

募集スケジュール

8月27日(木)募集馬カタログ発送(募集馬DVD同梱)
9月  3日(木) 募集開始
9月  8日(火)第1次募集郵送締切
9月  9日(水)第1次募集ホームページ入力締切(17:00)
9月18日(金)第1次募集結果通知予定
9月24日(木)12:00 1.5次募集(~9月25日 12:00)
10月1日(木)12:00 2次募集開始

では、一次募集抽選結果の発表です!

本ブログはシルクホースクラブより転載の許可を得ています。

この記事の目次

出資方法の決定について

一応キャロットの出資制度について復習しておきましょう!

キャロットは一律400口の募集で、特徴的なのは『母馬出資者優先制度』という独自の制度を設けていることです。
そしてサンデー・社台・シルクとは異なり過去の出資実績は一切考慮されないというのも特徴ですね!

その代わり過去の抽選時優先馬の当落は考慮されており、最大2年連続の優先馬落選は×2と呼ばれ非常に優遇された抽選を受けることができます。

母馬出資者優先制度

母馬出資者優先制度とはキャロットクラブが独自に設けているシステムで『募集馬の母馬に出資していた人がその仔馬に優先的に出資できる制度』です!
他のクラブでは牡馬の方が牝馬よりも人気が高いのですが、キャロットクラブではこの制度があるため牝馬も非常に人気があります。

例えば日米オークスを制覇したシーザリオもキャロットクラブで募集されていた馬ですが、シーザリオに出資していた人はその仔馬にも優先的に出資することができます。
その結果どのような馬に出資できたのかというと・・
エピファネイア、リオンディーズ、サートゥルナーリアなど早々たる顔ぶれに出資できたことになります。

羨やましい。。

母馬出資者優先制度の対象は総募集口数の半分(200口)!
人気のある母馬優先対象馬は最初から抽選枠が半分しかないため厳しい戦いになります。。

最優先希望馬

これはシルクにもありましたね。
抽選申し込みの際に1頭だけ優先で抽選を受けたい馬を選び、その馬は一般抽選よりも優先して抽選を受けることができます。

ただここでキャロットが他のクラブと違うのは最優先希望の馬が落選した場合、落選した履歴が翌年に持ち越すことができることです。
※1回最優先希望が落選した場合はx1、2回落選した場合はx2となります。(最大2回落選まで)

同じ最優先でも『×2 >x1 > 最優先』と優劣がつけられているのが特徴です。
なお新規入会時に最優先希望馬に落選していたとしてもx1とはならないようなので、注意です。

支払い遅延

こちらは中々ないと思うので補足程度に。。
1年の中で2回支払いを遅延してしまうと過去の優先馬の落選結果、母馬出資者優先権の行使ができなくなります。
既存会員の優先希望馬の最下位、一般抽選も他の一般抽選よりも下での抽選となりますので絶対に遅延はしないようにしましょう。
※1回の遅延であればセーフのようです。

抽選優先順位

では制度の説明が終わったので実際の優先順位がどうなるのか確認してみましょう。
母馬優先対象馬と非対象馬で異なりますので、それぞれ個別に掲載します。

母馬優先対象馬

優先度は『母馬優先のx2 > 母馬優先のx1 > 母馬優先のxなし >母馬優先の一般 >最優先のx2 >最優先のx1 >最優先のxなし >遅延ありの最優先 > 一般 > 遅延ありの一般 >新規の最優先 > 新規の一般』となります。
新規会員は絶望的ですね。。
新規会員になりたい場合は母馬優先対象馬ではなく、まずは非対象馬の中から選んでみる方がいいかと思います。

母馬優先非対象馬

優先度は『最優先のx2 >最優先のx1 >最優先のxなし >遅延ありの最優先 > 一般 > 遅延ありの一般 >新規の最優先 > 新規の一般』となります。
母馬優先がない分優先馬の威力が強いですね。
私の個人的な考えですが、母馬優先対象馬は一般で獲れたらラッキーくらいに思っておいて、非対象馬の中から最優先希望を見つけていく方がいいと思います。

一次募集 申込馬

中間発表をみても今年の抽選は激化することが目に見えていたので、ある程度数で勝負することにしました。

申し込んだ馬は以下の通りです!
※ピンクラインの馬は牝馬を示しています

ちょっと細かくなってしまいましたが、申込馬は全部で36頭、最優先希望馬はNo.2ヒルダズパッションの19です!
今年のキャロットで一番の高額馬ですが、最後のディープ産駒牡馬で血統も申し分なし、動画をみてもかなり良さそうでしたね!

最後まで最優先希望馬で悩んだのはNo10ヒストリックスターの19でしたが、最後は上記の理由でヒルダズパッションの19にしました。

全部当たると428万になりますが、まぁそんなに甘くないことはよくわかっているので、一次募集はこれで申込です!

一次募集 最終結果(母馬優先)

では、一次募集の最終結果をみてみましょう。
当選難易度の高い順に掲載します。
最終的に何票入ったか発表はないので、どのレベルで当選できたのかしか掲載できませんが圧巻です(^^;)
まずは母馬優先対象馬からです。

A・母馬優先+最優先(過去2年最優先落選、前年最優先落選)および最優先希望枠(過去2年最優先落選)は当選、母馬優先+最優先(前年最優先当選)および最優先希望枠(前年最優先落選)内で抽選

要は母馬優先権を持ち、最優先×2を持った最強の組み合わせは当選、母馬優先権を持ち、最優先×1で抽選となった馬です。

07.ルージュバックの19
27.アールブリュットの19

B・母馬優先+最優先は当選、母馬優先枠(一般出資枠)内および最優先希望枠(過去2年最優先落選)内で抽選

母馬優先権を持ち、最優先×2を持った最強の組み合わせで申し込めば当選、母馬優先 or 最優先×2のどちらかのみしか持っていない人達の中で抽選となった馬です。
今年は該当馬はいなかったようですね。

該当馬なし

C・母馬優先+最優先は当選、母馬優先枠(一般出資枠)内および最優先希望枠(前年最優先落選)内で抽選

最優先×2を持っていれば当選、母馬優先 or 最優先×1のどちらかのみしか持っていない人達の中で抽選となった馬です。

15.バウンスシャッセの19
33.ティンバレスの19
44.ロスヴァイセの19

D・母馬優先+最優先は当選、母馬優先枠(一般出資枠)内および最優先希望枠(前年最優先当選)内で抽選

最優先×2 or x1を持っていれば当選、母馬優先 or 最優先指名の中で抽選となった馬です。

63.リラヴァティの19
67.サンブルエミューズの19

E・母馬優先枠内は当選、最優先希望枠(過去2年最優先落選)内で抽選

母馬優先を持っている人は当選、最優先x2の中で抽選となった馬ですがこちらも該当馬はいなかったようです。

該当馬なし

F・母馬優先枠内は当選、最優先希望枠(前年最優先落選)内で抽選

母馬優先を持っている人、最優先x2は当選、最優先x1の中で抽選となった馬です。

65.ディアデラノビアの19

G・母馬優先枠内は当選、最優先希望枠(前年最優先当選)内で抽選

母馬優先を持っている人、最優先x2、x1は当選、最優先の中で抽選となった馬です。

06.ハープスターの19
21.ケイティーズハートの19
40.ピンクアリエスの19
48.シンハライトの19

H・母馬優先+最優先および最優先希望枠内は当選、母馬優先枠(一般出資枠)内および一般出資枠内で抽選

最優先は当選、母馬優先(一般出資)と通常の一般出資の中で抽選となった馬です。

17.アンレールの19
18.クレオールの19
26.アウェイクの19
34.エクストラペトルの19
68.シャルールの19
69.ベルディーヴァの19

I・母馬優先枠内および最優先希望枠内は当選、一般出資枠で抽選

母馬優先・最優先は当選、一般出資の中で抽選となった馬です。

08.シーズンズベストの19
11.ピュアブリーゼの19
14.ディアデラマドレの19
16.ヴィータアレグリアの19
19.オリエンタルポピーの19
20.ブルーメンブラットの19
22.クルミナルの19
23.エールデュレーヴの19
30.カラベルラティーナの19
31.ペルレンケッテの19
32.リーチコンセンサスの19
37.オーマイベイビーの19
38.フェルミオンの19
39.ロザリンドの19
41.グリューヴァインの19
49.フロアクラフトの19
52.マルティンスタークの19
61.プルメリアスターの19
64.グランデアモーレの19
74.レオパルディナの19
75.カイカヨソウの19
80.ラフォルジュルネの19
83.ユールフェストの19

一次募集 最終結果(母馬優先なし)

母馬優先対象馬の状況を見てきましたが、既会員の中でほぼ全ての馬が満口となり、新規まで回ったのは29.サダムグランジュテの19、70.アスティルの19の2頭だけでした。

では、今度は母馬優先の対象外馬の最終結果をみてみましょう!

A・最優先希望枠(過去2年最優先落選)内で抽選

母馬優先がない抽選はすごくシンプルで、過去の最優先での落選数で当選期待度は高くなっていきます。
このカテゴリは最優先x2での抽選なのですが該当馬がいないので今年はx2をもって母馬優先対象外馬に申し込んだ人は全て当選したということになります。

該当馬なし

B・最優先希望枠(前年最優先落選)内で抽選

このカテゴリは最優先x1の中で抽選があった馬です。
当然最優先x2の人は当選となります。

85.シンハリーズの19

C・最優先希望枠(前年最優先当選)内で抽選

このカテゴリは最優先馬の中で抽選があった馬です。
最優先x2・x1の人は当選となります。

04.ファイナルディシジョンの19
58.リッチダンサーの19
62.テネイシャスの19
66.ジュモーの19

D・最優先希望枠内は当選、一般出資枠内で抽選

このカテゴリは最優先馬で申し込めば当選、一般枠内で抽選となった馬です。

02.ヒルダズパッションの19
05.サミターの19
09.ティロレスカの19
10.ヒストリックスターの19
12.シェルズレイの19
24.ヴェルジョワーズの19
25.スペルオンミーの19
28.ムーンライトダンスの19
42.サザンスピードの19
45.リーチングの19
46.キラーグレイシスの19
47.ピースアンドウォーの19
50.クルソラの19
51.ファイナルスコアの19
53.サンビスタの19
54.シェリールの19
55.ジンジャーパンチの19
56.ギモーヴの19
57.シャムロッカーの19
60.アビラの19
71.リュシオルの19
73.ワナダンスの19
76.カニョットの19
77.シンハディーパの19
78.プリンセスカメリアの19
79.ブリトマルティスの19
81.レインボーソングの19
82.コンヴィクションⅡの19
84.イマーキュレイトキャットの19
86.シャレードスマイルの19
87.タリサの19
88.オーラレガーレの19
89.アンソロジーの19
90.レッドソンブレロの19

一次募集 最終結果(新規向け)

では最後に既会員では満口にならず、新規まで回った募集馬を紹介しましょう!

A・既存会員は当選、新規入会者の最優先希望枠内で抽選

01.デックドアウトの19
35.クルージンミジーの19

B・既存会員は当選、新規入会者の一般出資枠内で抽選

29.サダムグランジュテの19
36.ムスタパルタの19
43.ソングバードの19
70.アスティルの19
92.ギャラリートークの19

※03.ティズトレメンダスの19は、400口ちょうどの申込だったため、無抽選で満口となったようです。(既存会員、新規入会者ともに当選)

一次募集 抽選結果

去年は新規入会ということもあり、人気ない馬中心に10頭応募したにも関わらず1頭しか取れませんでしたが、今回は既存会員のアドバンテージを有意義に使えたと思います。
最優先で指名したヒルダズパッションの19も無事無抽選で獲得できましたしね(^^♪

では、一次募集抽選結果の発表です!

一番左の列の◎が無抽選で獲得できた馬、●が一般抽選で獲得できた馬で計12頭の出資が確定です!
ちょっと見づらいので、当選馬だけを抜き出してみますね!

A・無抽選で獲得できた馬(5頭)

01.デックドアウトの19
02.ヒルダズパッションの19
03.ティズトレメンダスの19
13.ベルロワイヤルの19
29.サダムグランジュテの19

B・一般抽選で当選し獲得できた馬(7頭)

08.シーズンズベストの19
14.ディアデラマドレの19
16.ヴィータアレグリアの19
31.ペルレンケッテの19
49.フロアクラフトの19
51.ファイナルスコアの19
53.サンビスタの19

中間発表をみてランク外になっていた馬を保険で数頭入れたのが良かったかもしれません。
まずは最優先希望馬がきちんと獲得できたことと、一般枠だとファイナルスコアの19を獲得できたことが一番うれしかったですね。
結構競争倍率は高かったと思うので。。

詳細な出資理由や馬の紹介は別の記事を上げますね!

さいごに

さて、今回のキャロットの一次募集をもって一旦お祭りは終了です。
総じてシルクもキャロットも一定数を確保できたので満足いく結果でした(^^♪

シルクの最優先希望馬にしていたウェイヴェルアヴェニューの19の落選だけはとても悔しいですが。。

現2歳世代も頑張って続々とデビューしているので、今回当選した1歳馬達も来年のデビューに向けて健康に、そして強くなってほしいです!

では!

-一口馬主
-

© 2021 目指せ!!資産運用の星