一口馬主

一口馬主チャレンジ

こんにちは、Polarisです!

最近、前々からやってみたかった一口馬主にとうとう今回応募してみました!

まだ抽選に当たるかわかりませんが、経緯も含めて新カテゴリー『一口馬主』を追加して記事にしていきます!

興味あるかたに参考になるかと思うので(^-^)

一口馬主とは

競走馬って高いんですよね。。

安くても1000万円、良血の高い馬だと3億円超えてくる馬もいます(-。-)y-゜゜゜

一人で持とうとすると馬を購入する金額(イニシャルコスト)、馬の調教費等のランニングコスト(月に70万くらい?)も一人で背負わないといけないのです。。

なのでJRAでは馬主になるために要件を付けています。

その馬主の要件とは『年間所得1700万円以上、資産額7500万円以上』です!

普通のサラリーマンじゃ無理ですな(-。-)y-゜゜゜

そこで一口馬主の出番です!

一口馬主の基本的な考え方は一人では馬1頭持てないけど、みんなで共同所有しよう!というのがもとになる考え方です。

今流行りのシェアリングですね(^-^)

会員は所属するクラブの募集馬を選択して一口単位で出資を行い、さらにえさ代等の維持費を毎月口数に応じて支払う代わりに、レースで獲得した賞金のおよそ60~70%程度を口数に応じて受け取ることが出来ます。

馬1頭につき何口で応募するかは、クラブ法人の運営方針により異なりますが、最小40口~多いと10,000口くらいに分けて出資を募集します。

一口馬主は儲かるのか

正直わかりません!

ただ一口馬主とはいえ、大まかな収入の仕組みは普通の馬主と同じです。

かかる費用は購入代金+餌・調教等のランニングコスト、収入はレース出走した際の賞金が主な収入源です。

通常の馬主であれば全てを一人で賄いますが、一口馬主は出資割合分だけ費用も収入も得ます。

レースに勝ち続けるような馬であればプラスになるでしょう!

 

例えば。。。

2019年ドバイを快勝したアーモンドアイ!

あの馬もシルクホースクラブが募集していた馬で、募集価格は3,000万円、募集口数500口(一口:6万円)でした。

それが3歳牝馬レース三冠(桜花賞、オークス、秋華賞)にジャパンカップ、ドバイを勝ってまだ4歳にもかかわらず、総賞金11億3793万円獲得しています。

騎手、調教師への報酬や様々な手数料はありますが、現時点で一口収益は227.6万円ですので+220万円になっていることになります(^^♪

それにまだまだ勝ちそうなので賞金はどんどん増えていくでしょう!

さすがにここまでの馬は早々いませんが十分夢のある投資なんじゃないかなと思っています!

終わりに

新しい投資のカテゴリーとして一口馬主を追加しましたので、紹介させていただきました。

元々馬が大好きで競馬もよく見ていました。

このカテゴリーは趣味と資産運用のちょうど中間のような位置づけかな、と思っています!

もちろん勝ちにはいきたいですが楽しみながらやっていきたいですね。

興味ある方の参考になれば嬉しいです(^-^)

早速2つのクラブへ応募したので、経過はまた報告したいと思います。

では(^^)/

-一口馬主

© 2021 目指せ!!資産運用の星