一口馬主

出資馬近況報告(2020年6月6日)

こんにちは!Polarisです(^^♪

出資馬の近況です!
今回1番嬉しかったのは、ギルティブラックの馬体重が順調に増えてきていることですね!

新馬戦も始まってますし、これからが楽しみです!

本ブログは各一口馬主クラブから転載許可を得ています。

なお調教コメントでよく出てくる単語を最後にまとめています。

近況サマリ

入厩馬

  • レーヴドモンド(サンデー)
  • アレッサ(シルク)
  • シュヴァリエローズ(キャロット)
  • ロードマックス(ロード)
  • ロードプレジール(ロード)
  • ドゥラヴェルテ(DMM)
  • グランスエーニョ(DMM)

赤字の馬はゲート試験も合格済み

出資馬近況詳細

サンデーサラブレッドクラブ

ギルティブラック

昼間放牧のおかげで馬体重が450キロを超えてきました!
すごく順調ですね(^^♪

ピンクサンドビーチ

6月末入厩を目指して調教中のようです。

ミルティアデス

去勢明けということもあり軽めのトレーニングのようですね!
ただ気持ちは落ち着いてきたということなので、ゆっくり頑張ってほしいです!

社台サラブレッドクラブ

グランオフィシエ

若干精神面での不安が出ているそうです。
馬体重もしっかり増えてきているので、順調にこのまま育ってほしいですね♪

ベアーズブリーチ

一時期、右後脚に腫れがあり控えめの調教をしていましたが無事治まってきました!

シルクホースクラブ

ミスターサファリ

サファリミスの18ですが、名前が『ミスターサファリ』に決まりました!
中々インパクトのある名前ですね。。

ミスターシービーなど過去にはミスター○○の名馬もいるので、本馬も頑張ってほしいですね!

 

アレッサ

15-15で調教を始めたみたいですね!
もう少し力強くなってほしいです(^^;)

 

キャロットクラブ

シュヴァリエローズ

順調に調教がすすめられています♪

ロードサラブレッドオーナーズ

ロードマックス

育成場には戻さず、このままレースに向けて調教を進めるようですね!

ロードプレジール

まだゲート試験に向けて調整中とのこと。

DMMバヌーシー

ドゥラヴェルテ

コースで追切を開始しています!
函館デビューの可能性もありますが、馬の様子を見てとのことです!

グランスエーニョ

5月29日の熱発は問題なさそうです!
現時点では福島1~2週目開催のデビューを目標にするようですね(^-^)

コメント補足

15-15

1ハロン(200メートル)を15秒平均のスピードで走る、または走らせること。
「14-14」、「13-13」も同じで調教でのペースを表す言葉。

「普通のキャンター」と言われるのが1ハロン20秒ぐらいで、「大きめ」というと17~18秒で駆けることを言います。
15-15というと馬を仕上げる上でのひとつの目安で、デビュー前の馬や休み明けの馬はこの15-15ができると最終段階の強い調教へと進んで行きます。

また、使い込んでいる馬の場合は「レース間隔が詰まってるから15-15で十分だ」などと、タイムとは関係なく軽い攻め馬という意味で使っている場合も多いです。

競馬バンク

キャンター

馬の歩き方の呼称の1つ。
ゆったりとした走り方で、返し馬のときに多く使われます。

馬の歩き方には「常歩(なみあし)」「速歩(はやあし)」「駈歩(かけあし)」「襲歩(しゅうほ)」の4種類があり、このキャンターは駈歩にあたります。

競馬バンク

おわりに

出資馬の近況を紹介しました!

まだ具体的なデビューが決まっている馬はいませんが順調に進んでいてよかったです。

今週から新馬戦もスタートしましたが、早速モーリス産駒も2着と好走していました。
勝ちきれなかったのは残念でしたが、これからも頑張ってほしいです(^^♪

では♪

-一口馬主

© 2021 目指せ!!資産運用の星