一口馬主

出資馬近況報告(2020年7月5日)

こんにちは!Polarisです(^^♪

出資馬の近況です!
先月はシュヴァリエローズとロードマックスが新馬戦を勝ってくれて、2歳世代は順調なスタートを切ることができました。

ただ3歳世代はまだダブルアンコールのみしか勝ち上がれていなく、厳しい戦いが続いています。
そんな中、レインドロップスと友駿ホースクラブのルージュカプリスも引退が確定しましたね。。
友駿ホースクラブはクラブ全体でも3歳世代が1度も勝ち切れておらず、出資馬のアルコンシチーも7月4日(土)出走しましたが11着に敗れています。。
いよいよ後がなくなってきました。。。。
友駿ホースクラブは2歳世代の出資馬もいないため、アルコンシチーが引退したタイミングで退会する予定です。
ひとまずクラブからの続報を待ちます。

またDMM所属のキタノブルーも7月4日(土)に出走しましたが15着に敗れています。。。
こちらも公式発表はまだですが、今後の競馬はかなり厳しいらしく乗馬用として引退予定とのこと。。

現3歳世代は選べるほど選択肢がなかったとはいえ、改めて出資馬で勝つのは難しいんだな~と思っています。。

本ブログは各一口馬主クラブから転載許可を得ています。

世代別所属クラス

3歳世代(2017年産駒)

1勝クラス

  • ダブルアンコール(DMM)

未勝利

  • スターズプレミア(DMM)
  • キタノブルー(DMM)
  • ヴィオリーナ(ロード)
  • ロードドミニオン(ロード)
  • アルコンシチー(友駿)

引退

  • レインドロップス(ロード)
  • ルージュカプリス(友駿)

2歳世代(2018年産駒)

オープンクラス

  • シュヴァリエローズ(キャロット)
  • ロードマックス(ロード)

新馬

  • レーヴドモンド(サンデー)
  • ジェラルディーナ(サンデー)
  • ドゥラヴェルテ(DMM)
  • グランエスエーニョ(DMM)
  • アレッサ(シルク)
  • ロードプレジール(ロード)

入厩前

  • シャイニーレーン(シルク)
  • ロンズデーライト(シルク)
  • ミスターサファリ(シルク)
  • ラッキーモー(シルク)
  • サファル(キャロット)
  • ロードエクレール(ロード)
  • グランオフィシエ(社台)
  • ベアーズブリーチ(社台)
  • ピンクサンドビーチ(サンデー)
  • ギルティブラック(サンデー)
  • ミルティアデス(サンデー)

出資馬近況詳細

サンデーサラブレッドクラブ

ギルティブラック

まだ放牧は続けられているようですが、馬体も450キロ近辺で安定していましたね。
後は早く入厩できるレベルまで達してほしいです。

ジェラルディーナ

ジェラルディーナも6月10日に入厩し、無事ゲート試験も合格済みです!

レーヴドモンド

一旦放牧に出されていましたが、調教を再開しています。

ピンクサンドビーチ

6月26日に無事入厩し、ゲート試験も合格済みです♪

ミルティアデス

去勢明けということもあり、他馬に比べてコメントもまだ力不足な印象ですね。。。

社台サラブレッドクラブ

グランオフィシエ

坂路調教のタイムも上がってきました。
38秒が切れるようになるまでスピードがあげられると頼もしいですね。

ベアーズブリーチ

一時期、右後脚に腫れがあり控えめの調教をしていましたが無事治まってきました!

シルクホースクラブ

ロンズデーライト

シルクの中では1番コメントがネガティブでしょうか。。。
精神面の成長に期待です!

ラッキーモー

順調に調教が進められています。
7月中旬の入厩予定です。

ミスターサファリ

調教も順調に進んでいるようです。
馬体重も十分ですね。

 

アレッサ

小倉開催でのデビューを目指しています!
このまま順調に調教を進めてほしいですね(^^♪

シャイニーレーン

変わらず肉体面での課題が解消していないようですね。。
ゆっくりと成長していってください。

キャロットクラブ

シュヴァリエローズ

新馬戦勝利後、一旦放牧に出されています。
冬の大舞台に向けてしっかりと休んでほしいです(^^♪

サファル

まだまだしっかりと調教が必要そうです。
元々足元も気になっていたので、ゆっくりと馬体を整えてほしいですね。

ロードサラブレッドオーナーズ

ヴィオリーナ

7月12日(日)の未勝利戦に出走予定です。
ここまで惜しい競馬が続いているので、ここでなんとか初勝利を勝ち取ってほしいですね!

ロードドミニオン

7月5日(日)の未勝利戦に出走するも、また勝ちきれずに4着。。。

ロードマックス

新馬戦勝利後の次は8月末の新潟2歳ステークスを目指すとのこと!
初の重賞挑戦になるので、今からドキドキです(^-^)
今はゆっくり休養してほしいですね。

ロードプレジール

6月11日に無事ゲート試験に合格しました!

ロードエクレール

まだ入厩しておらず、募集中です。
7月下旬に入厩とのこと、調教も順調そうです!

DMMバヌーシー

ダブルアンコール

無事初勝利をしたので、今は夜間放牧も混ざつつ馬体の成長を促しているとのこと。
池江調教師のコメントもとてもいい内容で、今後の成長に更なる期待が持てそうです(^^♪

スターズプレミア

スターズプレミアも中々勝ちきれませんね。。
次は7月12日(日)に出走予定でダートに初挑戦とのこと。
1番デビューも早かったこともあり、期待の大きい馬なのでなんとか勝ち上がってほしいです!

キタノブルー

本記事の最初にも書きましたが、7月4日(土)に出走し14着。。
直近のレースも良くなかったですしクラブからは引退の方向で、とのコメントが。。
ディープインパクト産駒だから走るというわけではないのですが、ちょっと厳しい結果ですね(T_T)

ドゥラヴェルテ

デビューは7月26日(日)の新潟を予定しています!
追うごとに良くなっているとのことですが、まだ乗り込みが必要とのことでレースまでに整えてほしいです!

グランスエーニョ

デビューは7月12日(日)の福島を予定しています!
ドゥラヴェルテの方が早くデビューすると思っていたので意外でしたが、シュヴァリエローズ・ロードマックスに続いて頑張ってほしいですね(^-^)

コメント補足

15-15

1ハロン(200メートル)を15秒平均のスピードで走る、または走らせること。
「14-14」、「13-13」も同じで調教でのペースを表す言葉。

「普通のキャンター」と言われるのが1ハロン20秒ぐらいで、「大きめ」というと17~18秒で駆けることを言います。
15-15というと馬を仕上げる上でのひとつの目安で、デビュー前の馬や休み明けの馬はこの15-15ができると最終段階の強い調教へと進んで行きます。

また、使い込んでいる馬の場合は「レース間隔が詰まってるから15-15で十分だ」などと、タイムとは関係なく軽い攻め馬という意味で使っている場合も多いです。

競馬バンク

キャンター

馬の歩き方の呼称の1つ。
ゆったりとした走り方で、返し馬のときに多く使われます。

馬の歩き方には「常歩(なみあし)」「速歩(はやあし)」「駈歩(かけあし)」「襲歩(しゅうほ)」の4種類があり、このキャンターは駈歩にあたります。

競馬バンク

おわりに

出資馬の近況を紹介しました!

引退馬も出てきていますが、3歳世代には最後まで頑張ってほしいです!
特にヴィオリーナとスターズプレミアは最初から期待していた馬なので、何とか勝ち上がりを。。

2歳世代はとても順調なスタートを切っていますね!
今の段階で驚きの勝率100%です(^^♪

まだまだ続々とデビューしていくので、楽しみに経過を待ちたいと思います。

では♪

-一口馬主

© 2021 目指せ!!資産運用の星